結婚式の余興を成功させるための秘訣




ハラハラドキドキ山手線ゲーム

 

山手線ゲームとは、ある共通のお題を決めて、そのお題に沿って1人ずつお題に沿った答えを言っていくゲームになります。

 

場の雰囲気を盛り上げるために行われるゲームとして宴会やコンパでは定番ですね。

 

山手線ゲームの名前の由来は、「山手線の駅名」をお題にすることが多かったことにあります。

 

山手線は全部で29駅もあるので、お題に適していたのです。

 

そのため、いつの間にか「山手線ゲーム」と言う名前が定着してしまい、現在でもこの名前が当たり前になってしまったのです。

 

山手線ゲームは、一部の地域で「古今東西ゲーム」などとも呼ばれています。

 

「古今東西」とは「世の中のこと全て」を意味する四字熟語です。

 

<山手線ゲームのやり方>

 

1.お題を決める。

 

2.全員でパンパンと2回手拍子を打った後、参加者が1人ずつ順番に、お題に沿った答えを言っていきます。

 

その次の人は、また全員が手拍子を打ったあと答えを続けます。

 

3.同じ答え、あるいは答えが出なかったら負け。

 

たったこれだけです!

 

とてもシンプルなゲームですよね。

 

お題は誰でも知っていて、正解・不正解の判別が簡単につくものを選ぶようにしましょう。

 

言葉に詰まったり、存在しない答えを言ってしまうと不正解となります。

 

進行役は参加者の言った答えについて覚えておく必要があります。

 

通常の山手線ゲームはこのような感じですが、さらに盛り上げるために「風船時限爆弾」を使って山手線ゲームをします。

 

それが「ハラハラドキドキ山手線ゲーム」です。

 

お題に順番に答えていき風船が破裂した人が負けとなるゲームです。

 

 

「風船時限爆弾」はパーティーグッズを扱っているお店やネット通販サイトなどで買うことができますよ。

 

 

このようなグッズを使えば見ている新郎新婦やゲストも楽しむことが出来ますね。

 

男性チームと女性チームの2チームにわかれて、男性と女性が交互に答えていき、風船が破裂したチームが負けとなるようにすると盛り上がりますよ。

 

勝ったチームには新郎新婦から賞品をプレゼントしてもらいます。

 

もちろん、新郎新婦が参加することも出来ます。

 

山手線ゲームは、お題がいかに面白いのかで楽しさがほとんど決まってしまいます。

 

つまり、お題選びが重要になります。

 

当然ですが、結婚式の余興で山手線ゲームをする場合は、下ネタや下品なネタはNGです。

 

<お題の例>

 

●食べ物のお題

 

・和食の名前
・中華料理の名前
・洋食の名前
・野菜の名前
・果物の名前
・カップ麺の名前
・インスタント麺の名前
・和菓子の名前
・洋菓子の名前
・飲み物の名前

 

●地理のお題

 

・国の名前
・ヨーロッパの国の名前
・アフリカの国の名前
・アメリカの州の名前
・都道府県の名前
・世界の首都の名前
・日本の温泉名
・日本の観光地
・世界の観光地

 

●スポーツのお題

 

・野球選手の名前
・サッカー選手の名前
・野球チームの名前
・サッカーチームの名前
・お相撲さんの名前
・プロボクサーの名前
・スポーツタレントの名前
・球技の名前
・球技以外の名前
・夏季オリンピック競技の名前
・冬季オリンピック競技の名前

 

●趣味のお題

 

・アニメキャラクターの名前
・ディズニーキャラクターの名前
・ディズニー映画のタイトル
・ドラゴンボールの登場人物
・ワンピースの登場人物
・スーパーヒーローの名前
・男性歌手の名前(邦楽)
・男性歌手の名前(洋楽)
・女性歌手の名前(邦楽)
・女性歌手の名前(洋楽)
・お笑い芸人の名前
・犬の名前(犬種)
・鳥の名前
・花の名前
・楽器の名前

 

男女で行う場合は、男女差のない答えやすいお題にすれば、不公平なくフェアな雰囲気で楽しめます。

 

山手線ゲームはお題を考えるだけなので、ほとんど準備期間は必要ありません。

 

余興を頼まれた人の負担も軽いのでオススメです。