結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興とお礼の仕方

 

結婚式の余興を依頼された人は、二人のために時間を割いて協力してくれたのですから、きちんと感謝の気持ちを伝えたいですよね。

 

そんな感謝の気持ちを込めて、協力してくれたゲストに渡すのがお礼です。

 

ゲストの中には、「お礼なんていらないよ!」と言ってくれる人もいるかもしれません。

 

でもやっぱり心ばかりのお礼は用意したいものですよね。

 

結婚式の余興をお願いした人にはお礼として、新婚旅行のおみやげを渡したり、新居へ招待するなどして感謝の気持ちを伝えましょう。

 

この場合、結婚式当日には渡せないため、「新婚旅行のお土産でお礼させてね」と一言伝えるようにしましょう。

 

ただし、相手の労力や手間も考えて現金を渡す新郎新婦もいます。

 

一般的に結婚式の余興では、3,000円〜5,000円が謝礼金の相場となっています。

 

お金のかかっているものや、プロ並みの余興などもあります。

 

その時は1〜2万円のお礼をするか、かかった実費を負担しましょう。

 

お礼としてお金を渡す時に注意したいのが、中途半端な金額にしないということです。

 

3,000円の上は5,000円、その上は1万円、2万円、3万円、5万円、10万円・・・とキリのいい金額にするのがマナーです。

 

また、大人数での余興の場合は、一人ずつ現金を渡すのは大変なこともありますね。

 

そんな時は、新居に招待して新婦の手料理を振る舞ってあげたり、居酒屋などで食事代を奢ってあげるといいでしょう。

 

お金よりプレゼントを渡したいと思っている新郎新婦もいると思います。

 

この場合は、自分では買わないけど、もらうと嬉しいものや持ち帰りやすいもの、軽くてかさばらないものなどを基準に品物を選びましょう。

 

では、いくつかオススメの品物を紹介します。

 

<金券系>

 

商品券やギフト券、クオカードなどは、好きなものを買えてかさばらないのでゲストに人気です。

 

プレゼントする方も品物を選ぶ必要がありませんね。

 

ちょっと変わった体験ギフトをプレゼントしたい場合は、「Sow Experience(ソウ・エクスペリエンス)」がオススメです。

 

普段なかなか体験できない珍しい内容から日常のちょっとした贅沢まで5,500種類以上の様々な体験を扱っている企業が提供しているサービスです。

 

<食べ物>

 

甘いものが好きなゲストには、高級感のあるお洒落なスイーツが喜ばれます。

 

自分用には普段なかなか買わないでしょうから、プレゼントにピッタリですね。

 

人気の商品は「ゴディバ(GODIVA)」や「ショコラドゥーブル」です。

 

 

コーヒー好きのゲストなら「スターバックスヴィアコーヒー」が喜んでもらえると思います。

 

 

<コスメ系>

 

ハンドクリームやボディクリーム、美容液、入浴剤などは定番ですね。

 

特に「ダーマルシートマスク」は女性に人気がありますね。

 

 

好みがわかればブランドコスメなども喜ばれます。

 

エステやネイルによく行くゲストには、チケットや割引券をあげてもいいかもしれませんね。

 

男性の場合は、「メンズスキンケア」を選ぶと良いでしょう。

 

 

プロやセミプロに余興を依頼する場合は、依頼時に出演料を支払う旨を申し出るのがマナーです。

 

もし、相手から出演料を辞退された場合は、新婚旅行のおみやげを少し奮発するなど工夫すると良いでしょう。

 

お礼は、披露宴終了後に新郎新婦もしくは親から、お礼の言葉や感想を添えて渡しましょう。

 

お金を渡す時は「ご祝儀袋」や「ポチ袋」に入れるのがマナーです。

 

準備する袋は金額によって変えます。

 

1万円以下の時は、「水引き」や「のし」が印刷してある略式のご祝儀袋に入れます。

 

 

数万円以上を渡す時は、「水引き」や「のし」が付いた「ご祝儀袋」を使います。

 

 

ご祝儀袋は水引きの結び方が「結び切りorあわじ結び」で「のしあり」のものを選びます。

 

「表書き」は「寿」や「御礼」と書き、余興を依頼した側の名字を書きましょう。

 

お礼としてお金を渡す時は「新札」を入れるのがマナーです。

 

これは準備して待っていましたという気持ちを込めるためです。     

 

新札への交換は銀行でできますが、1日に交換できる枚数に制限がある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

シワシワのお札だと受け取った方もちょっと残念な気持ちになってしまいます。

 

結婚式の当日になって、余興に参加してくれる人が1人増えたといったことになる可能性もあります。

 

このように新たにお礼が必要になる場合もあります。

 

なので、新札やご祝儀袋、ポチ袋は少し多めに用意しておくと、急なお礼にも対応できて安心ですね。

 

お礼を渡す時に、最も大切なことは”感謝の言葉”です。

 

お礼は感謝の気持ちを形で伝えるものです。

 

お礼を渡す時には、必ず感謝の言葉を添えて渡しましょう。

 

新郎新婦の二人で渡す場合は、「披露宴では素敵な余興ありがとう。おかげでとても盛り上がったよ!」などといった言葉を添えます。

 

親から渡してもらうなら、「今日は素晴らしい余興をしてくださりありがとうございます。感動しました。ほんの気持ちになりますが、お受け取り下さい。」などと心を込めて伝えると良いですね。

 

二人が直接渡せない場合でも、メッセージや手紙を添えると感謝の気持ちが伝わりますよ。

 

仮に友人などから余興をやりたいと立候補してくれた場合でも気持ち程度の御礼はするようにしましょう。