結婚式の余興を成功させるための秘訣




喜ばれる結婚式の余興

 

結婚式の余興を依頼された方は、どんな余興をすればいいのか悩む人もいると思います。

 

まず余興の企画を考える前に大切なことは、参加されるゲストの顔ぶれを確認しておくことです。

 

事前にどんな方が来るのか新郎新婦に聞いておきましょう。

 

それによって余興の方向性が変わってきます。

 

例えば、親族が多い場合や友人が多い場合、職場関係者が多い場合などによって、余興の内容が変わってきます。

 

全体的に若いゲストが多い場合は、派手なパフォーマンスで盛り上がり狙いの余興が向いています。

 

逆にゲストの年齢層が高い場合は、若いノリについていけないこともあります。

 

ゲストに合わせた余興を考えることが大切です。

 

結婚式の余興は大きく分けると次の2つのパターンがあります。

 

・ゲストのみで行うパターン。
・新郎新婦(又はどちらか)がゲストと共に参加するパターン。

 

最近ではこれらに加えて新郎新婦が二人で余興を披露するパターンや新郎もしくは新婦のどちからがサプライズで余興を披露するパターンなどもあります。

 

新郎新婦が余興をすることは昔では考えられないことでしたが、ゲストをおもてなししたいと思っている新郎新婦やパートナーにサプライズをしたいと思っているカップルが増えているそうです。

 

余興内容について新郎新婦に具体的な希望がない場合でも、イメージしている内容や方向性について聞いておきましょう。

 

本人たちの結婚式全体のイメージや考えが分かるだけでも、余興内容を決める際の参考になります。

 

もしもサプライズをしたいのであれば、ヒアリングは不要です。

 

では新郎新婦やゲストに喜ばれる余興のアイデアをいくつか紹介しますね。

 

【昔からある定番の余興】

 

結婚式の余興では今も昔も歌やダンス、楽器の演奏などが喜ばれる余興となっています。

 

年配の方には、演歌や和太鼓、三味線などの演奏が喜ばれますし、若い方にはダンスや人気歌手の歌の披露などが盛り上がるので人気があります。

 

新郎新婦が一緒にダンスをしたり、歌を披露するケースも多くあります。

 

余興をする人に特技や何かのスキルがあれば、それを活かした余興もオススメです。

 

例えば、絵が得意な人は新郎新婦の似顔絵を描いたり、手品が趣味の人はお祝いの席に最適な紅白のネタをしたり、学生時代にダンス部やチアガール部に所属していた人は部活時代のパフォーマンスを披露したりすると喜ばれます。

 

また、習い事をしている場合は、それを披露するのも良いでしょう。

 

フラダンス習っている人が数人でフラを踊る余興もなかなか好評だったそうです。

 

こういったパフォーマンスができる方は積極的に披露しましょう。

 

ただし、新郎側の友人の余興でAKBとかの女装をするパフォーマンスは、その人たちだけ盛り上がっててつまらないし、痛々しく思うゲストもいるので注意が必要です。

 

【サプライズムービー】

 

 

特別なスキルがない方でも、会場の好反応を得られる余興としてオススメなのが、新郎新婦への「サプライズムービー」です。

 

サプライズムービーは以前からありましたが、テレビなどの影響もあってか、新郎新婦のゆかりの地を辿って新郎新婦の人となりを紹介するようなサプライズムービーが喜ばれるようです。

 

新郎新婦に黙って友人たちが行うこともありますし、新郎から新婦へ(又は逆)サプライズする場合もあります。

 

当日列席できない友人や恩師、親族、上司などからもらうインタビューやメッセージは、とても喜ばれるようです。

 

思わず感動して泣いてしまう新郎新婦も多いようです。

 

【プロフィールムービー】

 

 

新郎新婦のプロフィールを映像で紹介する余興も喜ばれます。

 

新郎新婦はこんな人というエピソードを交えて友人や同僚から紹介することで、新郎新婦のことをあまり知らないゲストに人となりを伝えることができます。

 

新郎新婦にとっても、”こんな風に思われているんだと”いった新しい発見があるかも知れませんね。

 

仮に、プロフィール映像を新郎新婦が用意していたとしても、それは二人の視点からの自己紹介なので、被ることはありません。

 

プロフィールムービーを作る時は、内輪ネタに走り過ぎないように注意しましょう。

 

適度な新郎イジリはしても良いですが、恥をかかせる内容にならないようにしましょう。

 

映像自体はそこまで手の込んだものでなくても構いません。

 

【パラパラ漫画】

 

 

パラパラ漫画とは、キャスティングや撮影費などが一切不要で、伝えたいことを伝えられる究極のアニメーション動画です。

 

お笑い芸人の鉄拳さんが感動するパラパラ漫画「振り子」を作ったことが話題となっていましたね。

 

パラパラ漫画は結婚式の余興で根強い人気があります。

 

友人から新郎新婦へ、新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、新郎新婦から両親へ、新郎から母親へ、父親から娘へ、娘から父親へなど様々な演出があります。

 

パラパラ漫画は新郎新婦やゲストに喜んでもらえる余興として間違いありません。

 

ですが、パラパラ漫画は非常にハードルが高い余興になります。

 

3分程度のパラパラ漫画でも500枚以上のイラストが必要な上に、その後には編集も待っている大変な作業です。

 

自分で作る時間はないけど、新郎新婦に喜んでもらいたいなぁという方は、パラパラ漫画を作ってくれる会社を利用すると良いでしょう。

 

パラパラ漫画は1秒あたり3〜5枚のイラストを書くので非常に時間がかかります。

 

そのため、どの会社も完成するまでに2〜3ヶ月ほどかかるので、早めに依頼する必要があります。

 

料金はパラパラ漫画の制作会社によっても違いますが、15〜25万円くらいが相場になっています。

 

予算に余裕がある人は、業者にお願いすると良いでしょう。

 

あまりお金はかけられないけど時間がある人や絵心がある人は自作してみると良いでしょう。

 

パラパラ漫画を制作する場合、一番重要なことはストーリーと構成です。

 

パラパラ漫画で何を伝えるのか、それをどういう流れで伝えるのかということ考える必要があります。

 

パラパラ漫画を自作する場合は、次の道具を用意しましょう。

 

・鉛筆
・消しゴム
・紙(コピー用紙など)
・トレース台
・カメラ(スマートフォン可)
・編集用のパソコン

 

トレース台とは主に絵の原稿を複写(トレース)するために利用される道具です。

 

蛍光灯などの光源の上に乳白色のガラスやアクリル樹脂板をのせた箱状の台です。

 

 

紙のサイズに合わせて最適なトレース台を用意しましょう。

 

トレース台を使用してイラストの動きを確認しながら作業を進めていきます。

 

イラストが完了したら後は編集します。

 

編集はパソコンかスマホで行います。

 

描いたイラストを1枚1枚写真に撮り、データをパソコンかスマホに取り込みます。

 

スキャナがあるとしっかりとトレースしたイラストが取り込めますし、不自然なライトや手ブレなどが起きないのでオススメです。

 

Windowsであればムービーメーカを使用することで作成することができます。

 

スマホはパラパラ漫画を自作できるアプリを使います。

 

ちなみに、ストップモーションスタジオが使いやすいと評判です。

 

【人気芸人のネタを披露】

 

 

知名度のあるお笑い芸人のネタを披露すると盛り上がるので、結婚式の余興ではよく行われています。

 

ネタのセリフや内容を少し替えて、新郎新婦にまつわるネタにアレンジします。

 

ただし、”小島よしお”や”とにかく明るい安村”、”アキラ100%”などの裸になるような芸はゲストに下品という印象を与えてしまうのでNGです。

 

新婦やその友人から引かれることもあります。

 

また、素人が芸人の真似をするとスベってしまうリスクがあります。

 

自信があったとしても、全くウケずに会場がしらけてしまうこともあります。

 

身内ネタや職場ネタなどの内輪ネタになると、余興をするメンバーたちと新郎新婦の内輪だけで盛り上がりで、それ以外の列席者からすると、正直たいして面白いと思えないこともあります。

 

でも、参加している立場なので、「表向きはすっごくいいね!」って感じの演技で精一杯笑顔で楽しむフリをしています。

 

それはお祝いの気持ちからです。

 

なので、列席者は新郎新婦に対してものすごーく気を使っています。

 

また、芸人のネタは、年代によって「受ける・受けない」ものがあります。

 

【お神輿の余興】

 

結婚式ではおめでたい席を祝うちょっと変わった余興もたいへん喜ばれます。

 

お祭りのように盛り上がりたい場合は、お神輿を使った演出がオススメです。

 

 

 

式場に小さめのお神輿を入れて皆でお神輿を担いで新郎新婦を運びます。

 

本当におめでたい雰囲気だったとゲストからも好評の余興です。

 

お神輿に乗るなら、恥ずかしがらずに堂々と乗りたいですね。

 

お神輿は和服姿や白いタキシードとも相性バツグンです。

 

お神輿の調達方法としては、地元のお祭りを主催している方に連絡して、実際にお祭りで使われる本物のお神輿を借りているそうです。

 

お神輿を借りられる宛てがない方は、お神輿を手作りしているようです。

 

装飾などに凝らなければ、角材を使って簡単に作ることができるそうです。

 

ちなみに、レンタルできるお神輿もあります。

 

ただし、人が乗ることはできないこともあるので、大人が乗っても大丈夫かお店に問い合わせましょう。

 

お神輿を作るのは面倒だし、レンタルすればお金もかかるという方は、騎馬戦のように友人に担いでもらう方法もありますよ。

 

 

日本らしい演出は老若男女問わず楽しめますよ。

 

「思いっきり楽しい結婚式にしたい!」

 

「どうせなら目立ちたい!」

 

このような方はお神輿に乗って入場してみてはいががですか?

 

【ウェディングツリー】

 

 

ウェディングツリーは欧米より伝わった結婚式の演出です。

 

アメリカを始め、海外の結婚式では一般的に行われているそうです。

 

ウェディングツリーは、海外の結婚式で行なわれている文化でしたが、最近では日本でもウェディングツリーを取り入れる人が増えてきました。

 

ウェディングツリーとは、葉の無い枝のみの絵にゲストが捺印をしたり、スタンプを押していき、最後にコメントを書いて一本の木を完成させるというものです。

 

 

来賓の方々は用意された葉っぱのハンコ(又はご自身の指紋)で青々とした木を仕上げていきます。

 

最後に新郎新婦が捺印・署名して完成です。

 

日本ではまだまだ一般的ではないので、ウェディングツリーを使う時は、必ず説明文を一緒に置くようにしましょう。

 

より具体的で指示が明確にある説明文だとより良いでしょう。

 

<ウェディングツリーの文例>

 

本日お集まりいただいた皆様にお願いがございます。

 

ウェディングツリーに拇印を押すことで私達の結婚の誓いの証人になっていただきたいのです。

 

完成したツリーは新居に飾り皆様に見守られているような気持ちとともに穏やかに暮らしたいと思います。

 

葉っぱがついていないこの木は私たち新郎新婦を表しています。

 

ゲストの方々は二人の祝福と結婚の承認の意味合いでお好きな色のインクで拇印を押しサインをしてください。

 

その1つ1つの拇印が葉っぱとなり1本の木が完成するのです。

 

みなさまのサインが私たちの結婚の承認の証となります。

 

インクを指につけ、捺印するのがウェディングツリーの一般的な方法です。

 

そのため、ウェットティッシュなどを用意しておきましょう。

 

女性用にスタンプやシール、付箋を用意しておくようにするといいでしょう。

 

最後に

 

喜ばれる結婚式の余興の事例を紹介してきましたが、ムービー系の余興は多いので注意が必要です。

 

2時間半の披露宴で4回も上映する新郎新婦が増えています。

 

入場前のオプニング映像、歓談中のお二人のプロフィール紹介映像、友人の余興、または遠方の方からの映像メッセージ、そして最後のエンドロールです。

 

映像だけで20〜30分ほど使ってしまう計算です。

 

お食事の手も止まるし、お二人への挨拶も出来ない、会場内が明るかったり暗かったりと目がショボショボします。

 

ムービー系の余興を考えている人は、事前に新郎新婦に披露宴の内容を確認しておくと良いでしょう。