結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興とアフレコムービー

 

最近では披露宴や二次会の余興を盛り上げるために、映画やドラマ、アニメなどに様々な趣向を凝らした面白いアフレコムービーを自作するのが流行っていますね。

 

アフレコとは、映像を先に撮り、音声は後で収録することを言います。

 

「アフター レコーディング→アフレコ」になりました。

 

例えば、洋画の吹き替えで日本語のセリフを入れたりする作業をアフレコと呼んでいます。

 

似たような言葉にアテレコがあります。

 

アテレコとは、登場人物の口の動きに合わせて音声を当てることを言います。

 

「当ててレコーディング→アテレコ」になりました。

 

最近はほぼアフレコに統一され、アテレコは使われなくなってきているようです。

 

例えば、以下のような動画がアフレコムービーになります。

 

<著名人からのメッセージ風>

 

 

<半沢直樹 パロディ>

 

 

<ミニオン>

 

 

<TED(テッド)>

 

 

<サザエさん>

 

 

<有名アニメのキャラクター>

 

 

<アウトレイジ>

 

 

<海外ニュース風>

 

 

<ローズマリー兄弟>

 

 

このように有名人やアニメの映像にアフレコをして面白おかしく仕上げています。

 

アフレコムービーは、サプライズの笑いを誘う余興の演出やオープニングムービーとしても使用されています。

 

ムービーに出てくる人物やアニメ、動物などとナレーション、コメントのギャップがゲストに笑いや驚きを与えます。

 

ハリウッドスターや有名スポーツ選手、歌手、俳優、女優、芸能人、誰もが知っている大統領や首相などの映像にアフレコをして、面白く、しかも豪華な映像にすることで、プレミアム感が味わえることができます。

 

しかも映像自体はすでに撮影されているものを使うので、ほぼ編集作業のみで完成します。

 

新郎新婦の年代を意識して映像を選ぶことがポイントです。

 

また、その年に流行った映画やドラマ、アニメ、CM、芸能人などの映像を元にアフレコをするのも良いでしょう。

 

新郎新婦と非常に仲が良いようなセリフを入れたり、新郎をいじるセリフを入れて面白おかしくする方が見ている方も楽しくなります。

 

途中で親族の方などにサプライズで登場してもらう場合は、結婚式当日まで秘密にしてもらうように伝えておきましょう。

 

【アフレコムービーの作り方】

 

1.映像を用意する

 

映像は「Craving Explorer」などを使ってダウンロードすると良いでしょう。

 

Craving Explorer は YouTube、ニコニコ動画などの動画をダウンロードして保存する事ができる動画専用ブラウザです。

 

youtube-video-download」は登録の手間なくお好きなYoutube動画をダウンロードできるサイトです。

 

2.全体の構成とセリフを決める

 

映像が決まったら「どんな順番で、誰に、どんなセリフを言わせるか」について考えていきましょう。

 

アフレコなので口の動きとセリフを上手く合わせる必要があります。

 

セリフを考える時は長さに注意しましょう。

 

例えば、1つの会話が15秒ならそれに合わせて15秒のセリフを考えます。

 

面白くするためにはセリフの内容が重要になります。

 

受けを狙いたいからと言って、下品なセリフを使うのは止めましょう。

 

あくまでも結婚式で上映するので、品の無いセリフはNGです。

 

3.アフレコの音声を収録する

 

音声を録るのに必要な物は、「マイク」と「音声編集ソフト」だけです。

 

マイクはパソコンのマイク端子につなげることが出来れば何でもOKです。

 

音声編集ソフトは無料と有料がありますが、無料でも問題ありません。

 

無料なら「Audacity(オーダシティ)」が初心者にも使いやすくてオススメです。

 

詳しい使い方は、「Audacityの簡単な使い方と導入方法を解説」を見るとわかります。

 

4.編集

 

最後に映像を並べて編集したら完成です。

 

あなたが使ってるパソコンにムービーメーカーがあれば、それで編集できます。

 

ムービーメーカーの使い方は、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

Freemake Video Converter」はyoutubeのダウンロードだけでなく、動画のカット編集や動画ファイル形式の変更も出来ます。

 

動画ファイル形式の変更は重要で、ビデオカメラで撮影した動画ファイルはムービーメーカーで認識をしない可能性があるため、このソフトで変更する必要があります。

 

「Freemake Video Converter」の使い方は、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

iPhoneユーザーであれば、「iMovie」というアプリが標準で付いていると思います。

 

このアプリを使えば、あなたが撮影した写真や動画を編集してオリジナルのムービーが作れます。

 

曲を追加したり、字幕など文字を追加することもできます。

 

パソコンやiPadでも「iMovie」が使えますよ。

 

「iMovie」の使い方は、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

iPhone以外のユーザーであれば、「Magisto」という無料アプリがオススメです。

 

あなたが撮影した写真や動画を簡単に編集して、オリジナルムービーが作れます。

 

「Magisto」の使い方は、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

かっこいいオープニングを入れたり、豪華なBGMを使いたい時は、フリーで使える素材を探すと良いでしょう。

 

DOVA-SYNDROME」や「Hurt Record」で探してみるといいでしょう。

 

5.上映環境の確認

 

結婚式場によっては、「DVD−R」はOKだけど「DVD−RW」はNGといった記録メディアの制限がある場合があります。

 

事前に確認しておきましょう。

 

様々なDVD書き出しソフトがありますので、結婚式場の機材に対応している記録メディアを選んで下さい。