結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興とチャレンジムービー

 

最近の結婚式は素人でも手軽に動画を作れる環境が整っているため、感動系や面白系など様々なパターンの余興ムービーを流すのが流行っていますね。

 

あなたも友人や親戚の結婚式に招待された時に、1度や2度は余興ムービーを観た事があるのではないでしょうか。

 

人と変わったムービーを作りたり方や新郎新婦やゲストに感動してもらったり、驚かせるためにチャレンジムービーを作る人もいます。

 

チャレンジムービーは、「奇跡ムービー」や「感動ムービー」、「スゴ技ムービー」などとも呼ばれています。

 

チャレンジムービーとは、余興をする人が何か面白いことや難しいこにチャレンジして成功している様子を動画にした余興になります。

 

ボールやラケット、小道具、自転車、ビリヤード、ダーツなどを使って、男女関係なく色んなパフォーマンに挑戦します。

 

ノールックパスなど、偶然できる奇跡的なシーンにチャレンジします。

 

動画の最後には新郎新婦へはなむけのメッセージを入れると素敵ですね。

 

新郎新婦を祝うために数々の困難に立ち向かう、奇跡を起こすという使命のもと、頑張ってみたい人にオススメの余興です。

 

具体的にどんなことにチャレンジすればいいのかわからない方は、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの動画では、涼しい顔をしてコップにピンポン玉を投げ入れたり、よそ見しながらボールやボトルを容器に放り投げたりなど、いわゆるバカっこいい技を次々に成功させる様子が撮影されています。

 

お祝いのメッセージを随所に盛り込み、余興としてのエンターテインメント性とお祝いを両立させた微笑ましい動画となっています。

 

中には成功したシーンだけではなく、それに到達するまでの過程も収録されている動画もあります。

 

時には何十回、何百回と失敗し、やがて成功した時にはある種の感動を覚えるのではないでしょうか。

 

これらの動画を観てもらうと数々のすごい技にチャレンジしているので、チャレンジムービーを作る時のヒントになると思います。

 

サッカーや野球、バスケットボール、ゴルフ、卓球などの特技を持っている人もいますが、中には全く経験が無い素人の方が何かにチャレンジしているケースも多くあります。

 

これらのすごい技を決めている方々はプロの職人などではなく、全て素人の方と考えると、かなりの練習を積んできたであろう苦労もうかがえそうですね。

 

スゴ技は、一朝一夕にできるものではなく、そこには地味な積み重ねがあって初めて成功するものです。

 

チャレンジムービーを作る時は決して自己満足になるのではなく、「お祝いとして華を添える」という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

自分たち(身内や連れ)が楽しんでいるだけだと、ムービーを観ている方は寒気しかしないという、何とも悲惨な状況になってしまいます。

 

ネタ先行の余興ムービーにならないように注意したいですね。

 

また、あまり長すぎるのも良くありません。

 

チャレンジムービーの時間の目安は5分程度です。

 

長くても10分を超えないようにしましょう。

 

最初から余興として割り当てられた時間がある時は、その時間をオーバーしないようにしましょう。

 

新郎新婦に迷惑がかかることだけは、避けたいですね。

 

結婚式の余興で新郎新婦やゲストをアッと驚かせたり、盛り上げたいならチャレンジムービーに挑戦されてみてはどうでしょうか。

 

チャレンジムービーを作る際は、自作するのか、業者に発注をかけるのかどちらかだと思います。

 

自作する場合はカメラの撮影テクニックが必要になってきます。

 

また、動画編集はパソコンも必要になります。