結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興と餅つき

 

結婚式は一生に一度の日となりますから、楽しくおめでたい日にしたいですよね。

 

そんな時には、結婚式の余興として餅つきをするのもオススメです。

 

縁起が良くて、参加者も楽しめるので、結婚式にはふさわしいですね。

 

特に和装の披露宴や和風の会場にはピッタリの演出ですね。

 

一般的に餅つきはお正月や節句等に行われますが、結婚式に餅つきを行う場合は、「永いおつきあい」という素敵な意味が込められているのです。

 

その他にも「粘り強い夫婦」やお米一粒ずつが一つにまとまることから、「家族・縁の融合」、会場のゲスト皆で取り組むことから、「皆さんとのご縁を結ぶ」などの意味もあります。

 

新郎新婦だけでなく、両親や親戚、兄弟、友人、同僚など、普段からお世話になった方々と一緒についたり、餅つきリレーにしてみてもいいですね。

 

餅つきはご年配の方からも親しみがあって大変喜ばれます。

 

また、「よいしょ!」と掛け声をかけながらの餅つきは、会場全体が一体となって演出に参加できるので、予想以上に大盛り上がり間違い無しです。

 

突きたてのお餅を振る舞うと大変喜ばれます。

 

オハギなどにしてもらうパターンが多いようですが、料理の最後にお雑煮として出してもらうこともできます。

 

結婚式の余興として餅つきをする出張サービスがあります。

 

結婚式当日にプロの方が餅つきパフォーマンスを行ってくれて、演出から全てを任せることができます。

 

会場に粋でいなせな集団が入ってきて、面白おかしくトークで盛り上げてくれます。

 

 

 

 

洋装ウェディング、和装ウェディングと結婚式によっても演出を変えて結婚式の余興を盛り上げてくれます。

 

カラードレスにタキシードと洋装でする和の演出はゲストや親族にも喜ばれます。

 

餅つきの費用の相場は6万〜10万円ほどになります。

 

また、自分たちで餅つきをしたい場合は、すぐに本格的な餅つきができる餅つきセットの一式をレンタルできるお店もあります。

 

餅つきのやり方を記載した説明書もあるので、初めて餅つきをする人でも安心ですね。

 

ただし、年末年始などの繁忙期は予約が混み合うので、お早めに予約されることをオススメします。

 

レンタル料金は、セット内容やレンタル期間によっても違いますが、1泊2日だと5万6千円ほどだそうです。

 

自分たちでついた方がリーズナブルで、楽しめるのではないかと思います。

 

大勢でワイワイしながら餅をつくので、アットホームな披露宴にしたい方に向いています。

 

友人同士や親族間の親睦を深めることもできます。

 

ゲストには写真撮影するポイントとなるので喜んでもらえます。

 

余興の一つに餅つきをしてみるのもいいですね。