結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興とはっぱ隊

 

はっぱ隊とは、フジテレビ系のバラエティー番組「笑う犬の冒険」の中に登場していた股間に葉っぱ一枚で踊るコントキャラクター集団のことを言います。

 

メンバーは南原清隆さん、ネプチューン(名倉潤さん・堀内健さん・原田泰造さん)、ビビる(大内登さん・大木淳さん)の6名です。

 

はっぱ隊の中期からは「YATTA!」という曲が歌われています。

 

ちなみに「YATTA!」は2001年4月にCDシングルとして発売されました。

 

ポジティブな歌詞と、カノンコードをベースに作られた明るく覚えやすい楽曲がウケて、週間チャート最高6位を記録しました。

 

楽曲の明るさとポジティブさなどによって、結婚式の余興で男性陣がはっぱ隊を披露することも多いようです。

 

 

このような葉っぱパンツも販売されていて、忘年会や新年会の余興などでも行われることが多いようです。

 

 

また、はっぱ一枚の男性が踊るという単純明快なシチュエーションは国内だけでなく、海外でも大いに受け、YouTubeでは半裸の男性が陽気に踊る動画が多くアップされています。

 

<はっぱ隊「YATTA!」の歌詞>

 

【大内】G
【堀内】R
【大木・原田】ダブルE
【名倉】N
【南原】LEAVES
【大内】G
【堀内】R
【大木・原田】ダブルE
【名倉】N
【南原】LEAVES
【南原】It's so easy
【名倉】Happy go lucky
【原田】We are the world
【堀内・大木・大内】We did it
【全員】ヒューヒューヒューヒュー オスオスオスオス
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)

【堀内】大学合格 社長就任
【南原】葉っぱ一枚あればいい
【全員】生きているからLUCKYだ
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)
【大木】当選確実 日本代表
【大内】やんなるくらい健康だ
【全員】Everybody say やったー!
【南原】日本キューキュー
【全員】[でも]
【名倉】あしたはワンダホー
【原田】いじわるされても
【堀内・大木・大内】ふとん入れば
【全員】グーグーグーグー パスパスパスパス
【南原】[おはよー]
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)
【原田】9時間睡眠 寝起きでジャンプ

【堀内】どんないいことあるだろう
【全員】生きていたからLUCKYだ
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)
【南原】君が変われば 世界も変わる
【名倉】丸腰だから最強だ
【全員】真っ直ぐ立ったら
【南原】気持ちいー!
【原田】お水飲んだらうめー!
【全員】[やったー!]
【堀内】日に当たったらあったけー!
【全員】[やったー!]
【名倉】腹から笑ったらおもしれー!
【全員】[やったーやったー!]
【南原】犬飼ってみたらかわいー!
【全員】[やったー!]
【南原】It's so easy

【名倉】Happy go lucky
【原田】We are the world
【堀内・大木・大内】We did it
【全員】ヒューヒューヒューヒュー オスオスオスオス
【名倉】すれ違いざま ほほえみくれた
【南原】2度と会えなくたっていい
【全員】君が居たからLUCKYだ
【大内】平成不況 政治不信
【原田】リセットさえすりゃ最高だ!
【全員】みんな居るから楽しいー!
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)
【堀内】大学教授 ムービースター
【南原】葉っぱ一枚なればいい
【全員】みんな一緒だHAPPYだ
【全員】やったやった(やったやったやったやったやったやった)
【大木】息を吸える 息を吐ける

【南原】やんなるぐらい健康だ
【全員】Everybody say やったー!
【全員】G
【全員】R
【全員】ダブルE
【全員】N
【全員】LEAVES
【全員】G
【全員】R
【全員】ダブルE
【全員】N
【全員】LEAVES
【全員】バイQ!

 

新郎新婦のエピソードを入れたりして、はっぱ隊をアレンジした替え歌バージョンの歌詞を作っている人もいるそうです。

 

はっぱ隊の踊り方や振り付けは、以下の動画を参考にして下さい。

 

 

みさこ(鈴姫みさこ)、恋汐りんご、七星ぐみ、望月みゆ、甘夏ゆず、大桃子サンライズの6人からなるアイドルグループ「バンドじゃないもん」が2017年1月11日にリリースした4thシングル「YATTA!」が思わぬ反響を呼んでいました。

 

それを裏付けるかのように、タワーレコードのデイリーチャートでは3日連続のトップ5入り、iTunesチャートでも最高2位を記録していました。

 

また、オリコンデイリーチャートでも連日トップ10入りを果たしていた他、SoundScan Japanによるシングルセールス集計速報でも発売から3日間の集計で16,559枚を売り上げて5位にランクインするなど、主要チャートでは軒並み好調なスタートを切っていました。

 

ミュージックビデオにも注目が集まっていて、YouTubeでは公開からわずか5日で10万回再生越えを果たしていました。

 

 

「バンドじゃないもん」の「YATTA!」のカバーでは楽曲がリメイクされていて、「はっぱ隊」の「YATTA!」とは随分と違っています。

 

今回のアレンジには作曲者のDANCE☆MANさんを始めとして、オリジナルスタッフが集結して作られたみたいです。

 

「バンドじゃないもん」の「YATTA!」は可愛くて面白いので、女性陣が結婚式の余興で披露するはアリだと思います。

 

ですが、はっぱ隊の「YATTA!」は完全に脱がないとは言え、晴れの場で披露するには品が無さすぎるという意見が多くあります。

 

男性側は盛り上がるかも知れませんが、女性側や年配者のゲストはドン引きされる可能性もあります。

 

披露宴には親戚、会社の上司、恩師なども出席されます。

 

はっぱ隊をやっていいか新郎新婦に確認した方がいいと思います。

 

もしも新郎新婦に内緒でいきなりはっぱ隊をしようとするのであれば、どのような迷惑をかけることになるかわかりません。

 

特に新婦側のご両親や親族にとってはかなり屈辱的なものです。

 

くだらない余興は、新郎の品を下げてしまいますよ。

 

裸になる余興は、新婦側の親戚や友人には不評で、「あんなバカな友人がいる方と結婚されて大丈夫かしら・・・」と哀れに思われるといったエピソードもあります。

 

新婦本人や新婦の親族が「何であんな下品なものを晴れの日に見ないといけないの!」と気分を害されたりする話も結構聞きます。

 

ブリーフ一枚で踊る余興は、女性側からすると正直勘弁して欲しいと思う方が大半だと思います。

 

新婦の出席者には未婚女性もいると思いますし、セクハラにも近い内容で、目のやり場に困る方もいるでしょう。

 

新郎新婦にとっては一生に一度の結婚式で、新婦さんもその日のために精一杯の準備を重ねてきたはずです。

 

新婦さんの晴れ姿をご両親を始めとしたご親族の皆さんも、楽しみになさっているはずです。

 

その辺のことをよく考えて、お二人の門出に相応しい余興をしましょう。

 

はっぱ隊以外にも余興はたくさんあります。

 

新郎新婦やゲストの皆さんが楽しく、会場がほのぼのと温かくなるような余興を考えた方がいいと思います。

 

下ネタで盛り上がるのは男性だけなので、女性がいるということを忘れずに余興を考えるのが大切なポイントです。

 

下ネタに関しては何をやってもまず上手くいかないそうです。

 

個人的には披露宴ではなく、仲間内だけの二次会向きの余興ネタだと思います。