結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興とモザイクアート

 

モザイクアートとは、多数の写真や画像をモザイクのように組み合わせて作る装飾技法を言います。

 

少し離れたところから全体像を見ると、1つの完成された作品が浮かび上がってきます。

 

似たような手法にフォトモザイクアートがあります。

 

フォトモザイクアートとは、小さな写真をいっぱい並べて遠くから見ると1枚の大きな写真に見える装飾技法を言います。

 

どちらも同じ仕組みの表現手法になります。

 

このモザイクアートやフォトモザイクアートを使った余興ムービーを作って披露宴で流す人もいます。

 

 

 

 

 

これらのムービー自体はメイキング映像になります。

 

モザイクアートを作るためには多くの時間が必要なので、さすがに会場でモザイクアートを作るのは無理があります。

 

そのため、作成風景や友人たちのお祝いのメッセージなど入れたムービーを作って会場で流すのが一般的です。

 

完成した余興ムービーやモザイクアートを新郎新婦にプレゼントするのもいいですね。

 

<モザイクアートの作り方>

 

準備する物は以下の通りです。

 

・モザイクアートにしたい元画像(新郎新婦の写真など)

 

・モザイクアートに使う写真

 

・パソコン

 

・Andrea Mosaic(フリーソフト)

 

・両面テープ

 

・方眼紙

 

・プリンター

 

・スキャナ

 

・印画紙

 

1.写真集め

 

新郎新婦の小さいころの写真や中学高校の写真などたくさん集めます。

 

また、枚数が足りない場合は、思い出の場所や好きな写真を入れましょう。

 

全ての写真をデータ化し、一つのフォルダで保存して下さい。

 

2.Andrea Mosaicをダウンロード

 

Andrea Mosaic

 

数百枚〜数千枚の写真を利用して1枚のフォトモザイク(モザイクアート)を作成できるソフトです。

 

完成画像のサイズ、解像度、タイルサイズ、タイルパターン、同じタイルの使用可否・使用回数、同じタイルを使用する場合の間隔、色の変化率などを設定し、オリジナルのモザイクフォトを作成できます。

 

3.基本設定

 

AndreaMosaicを起動して基本設定をします。

 

<設定の例>

 

「同じ写真は一切使わない」
「変色もさせず、originalの色味」
「回転や反転もしない」
「格子は”Landscape(2rows)"にする」
「タイルサイズは3000」

 

写真の枚数が不十分な場合は、設定を緩めることをオススメします。

 

そして、次はタイルにする写真の設定をします。

 

「Add Image」ボタンをクリックして写真を個別に選択するか、「Add Folder」ボタンをクリックして写真や画像の含まれたフォルダーを選択します。

 

「OK」ボタンをクリックします。

 

「You did not saved the Images List. Are you sure to continue without saving?(あなたはイメージリストを保存していません。保存せずに続行してよろしいですか?)」メッセージウィンドウが表示されます。

 

保存しなくても利用できるので「はい」ボタンをクリックします。

 

保存したい場合は「いいえ」ボタンをクリックして戻り、「Save List」ボタンをクリックして保存します。

 

設定が終わったらボタン一つで作成スタート。

 

作成するファイル名は、元画像と同じファイル名に「半角スペース + Mosaic」が追加されたファイル名で保存されます。

 

ここで重要なのが、どこにどの写真が使われているかの位置情報を抽出することです。

 

「Andrea Mosaic」の場合は、オプションの部分に「Text Report」というチェックボックスがありますので、必ずチェックを入れてからモザイク作成をして下さい。

 

4.ナンバリング

 

Text Reportのタテ、ヨコに沿ってナンバリングをします。

 

指定したタイルサイズ、個数に合わせてまずは土台の方眼紙に線を引きます。

 

そこにタテに「あいうえお」、横に「12345」と振り、「あ1」「い2」というふうにマス目にナンバリングします。

 

その上から両面テープを貼っておきます。

 

5.印刷

 

写真のデータも同じようにタイルサイズにリサイズし、印刷します。

 

この時、必ずファイル名がわかるように印刷をして下さい。

 

このファイル名とText Reportを照らし合わせながら、写真の裏にもナンバリングをしていきます。

 

この作業が一番大変だと思いますが、頑張りましょう。

 

これが終わったら、あとは土台と写真のナンバリングを照らし合わせて、ひたすら貼っていくのみです。

 

最後に撮影したムービーを編集すれば完了です。

 

出来上がったモザイクアートを見てもらえば、新郎新婦には喜ばれること間違いなしだと思います。

 

フリーソフトの扱いとナンバリングさえクリアできれば、そんなに難しくはありません。

 

感動的な余興をしたい場合は、是非チャレンジしてみて下さいね。