結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興と黒田節

 

黒田節(くろだぶし)とは、福岡県で歌われている民謡です。

 

黒田節は、酒席でよく歌われる威勢のよい歌です。

 

黒田家には「黒田24騎」と言われる強い侍がいました。

 

黒田節に登場する飲兵衛の武士は黒田24騎の一人、母里太兵衛(もりたへい)です。

 

槍の名人で、体が大きく、豪傑、酒豪で知られていました。

 

京都、伏見にあった福島正則の屋敷に、朝鮮から一時帰国した母里太兵衛が、黒田官兵衛の息子で当時藩主となった黒田長政の使者として訪問しました。

 

福島正則は、豊臣秀吉の下で軍功をあげ、賤ヶ岳の七本槍と称賛された戦国武将です。

 

大酒飲みで酒癖が悪かったと言われています。

 

また、母里太兵衛も酒豪として知られていました。

 

そこで、黒田長政は面倒が起きては困ると考えて、使者の太兵衛に「どんなに酒を勧められても、絶対に飲んではならぬ」と、その日一日の禁酒を命じました。

 

酒好きの福島正則は、いい飲み相手が来たとばかりに早速太兵衛に酒を勧めしましたが、太兵衛は主君の禁酒の命があるので、断固として酒を断わりました。

 

ですが、福島正則は納得することなく、太兵衛にしつこく酒を勧めて、「この酒を飲み干したなら、なんなりと好きなものを褒美にとらすぞ」と約束をしたのです。

 

それでも太兵衛は断固として酒を断ったのです。

 

そこで、業を煮やした福島正則は、今度は黒田藩を侮辱しました。

 

すると、太兵衛は藩の名にかけて杯を手にとりました。

 

そして、あれよあれよと勧められたお酒を飲み干したのです。

 

お酒を飲み終わると福島正則に、「お約束のご褒美にはその槍を頂きたい」と一本の槍を指したのです。

 

この槍こそ天下一と知られる「日本号」の槍でした。

 

これは福島正則にとっても家宝とも言える槍でした。

 

ですが、福島正則は「武士に二言なし」としてやむなくこの槍を譲り渡したのです。

 

太兵衛はこの槍をかつぎ、黒田藩歌の「筑前今様」を吟じながらゆうゆうと帰って行ったと言われます。

 

この歌が後に替え歌となり、現在歌われている「黒田節」となりました。

 

黒田節は昭和初期に芸者歌手である赤坂小梅によってレコード化され、1942年(昭和17年)にコロムビアレコードから発売され一気に有名になりました。

 

ちなみに、当初のタイトルは「黒田武士」でした。

 

この頃は第二次世界大戦中であったため、この歌詞とタイトルは戦意高揚のようにもとられて流行りました。

 

戦後1950年(昭和25年)に歌詞を一部変更し、「黒田節」の題として再発売されました。

 

<黒田節の歌詞>

 

酒は飲め飲め飲むならば

日の本一の(ひのもといちの)この槍を
飲みとるほどに飲むならば
これぞまことの黒田武士

 

峰の嵐か松風か
訪ぬる人の琴の音か
駒ひきとめて立ちよれば
爪音(つまおと)高き想夫恋(そうふれん)

 

春の弥生のあけぼのに
四方(よも)の山辺を見わたせば
花のさかりも白雲の
かからぬ峰こそなかりけれ

 

花たちばなも匂うなり
軒の菖蒲(あやめ)もかおるなり
夕ぐれまえの五月雨(さみだれ)に
山ほととぎす名のりして

 

 

歌詞に出てくる「想夫恋」とは、男性(夫)へ恋慕する女性の情を表しています。

 

ちなみに、黒田節は雅楽(ががく)の演目の一つである越天楽(えてんらく)のメロディーに様々な歌詞を当てはめていますので、上記の歌詞の他に30以上あります。

 

福岡県では結婚式の余興として黒田節を歌うことがあるそうです。

 

三味線の演奏や日本舞踏を曲に合わせて踊ることもあります。