結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興の定番ソング(男性編)

 

結婚式の余興で歌を披露する場合に、まず悩むのが選曲ですよね。

 

「余興ではずさない定番の歌ってあるの?」

 

「新郎新婦に喜ばれるにはどんな曲がいいの?」

 

「最近人気の歌、それとも昔の曲がいいの?」

 

そんな疑問にお応えして、ここでは男性が結婚式の余興で歌う時の定番の曲・男性アーティストをご紹介します。

 

ウルフルズ/「バンザイ〜好きでよかった〜」(20代〜40代向け)

 

 

リリースから何年たっても古臭くなく、結婚式の余興で人気の一曲です。

 

出会えた喜びをまっすぐに伝える歌詞はほほえましく、まるで新郎の新婦に対する気持ちを代弁するような歌です。

 

明るくてノリのいいメロディーなので、会場も盛り上がりそうですね。

 

氣志團/結婚闘魂行進曲「マブダチ」(20代・30代向け)

 

 

この歌はマブダチ(親友)へ結婚を祝福する歌です。

 

気志團の結婚闘魂行進曲のPVでも結婚式を感じさせるものですし、詩の内容も結婚についての内容です。

 

例えば、「三三九度でそこの新郎に告ぐ、迷わず行けよ、男だったら」と始まるように詩にも新郎と入っていますし、新婦に告ぐという詩もきちんとある正真正銘の新郎新婦に向けた歌です。

 

歌詞、歌自体この歌は結婚式の新郎新婦に向けた、また自分自身の友に向けた歌なので、余興の歌ランキングでも上位に入っています。

 

友人数人で踊り、歌うというのも大変盛り上がる曲ではないかと思います。

 

長渕剛/「乾杯」(全世代向け)

 

 

昔から結婚式の余興で歌われている定番中の定番ですが、みんなが知っている曲なので、みんなで歌うと盛り上がります。

 

人生の新しい門出を祝福する歌詞は、新郎新婦にピッタリです。

 

郷ひろみ/「お嫁サンバ」(40代・50代向け)

 

 

この曲は郷ひろみさんの大ヒット曲の一つで、知っている方も多いと思います。

 

若者から年配の方まで思わず口ずさんでしまうようなリズムから出来ていて、万人にウケる曲ですね。

 

ただし、「お嫁サンバ」には新婦に対して「結婚はまだ早いんじゃない?」といった意味がある歌でもあります。

 

そのため、結婚式でこの歌を歌うのはふさわしくないという意見もあります。

 

新郎新婦に確認してから歌う方が無難だと思います。

 

桜井和寿/「糸」(30代〜50代向け)

 

 

1998年にリリースされた「糸」は中島みゆきさんの代表的な楽曲の1つで、たくさんのアーティストの方々にカバーされています。

 

ミスチルの桜井さんやEXILEのATSUSHIさんがカバーしていることでも有名ですね。

 

そのため、女性だけでなく男性も結婚式の余興で歌う人が多くいます。

 

思わず聴き入ってしまうしっとりとした曲調が印象的ですね。

 

ささやくような優しい歌声が結婚式にピッタリです。

 

秦基博/「ひまわりの約束」(20代〜30代向け)

 

 

この曲は映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌になっていましたね。

 

彼女に対する深い想いをまっすぐに伝えるラブソングです。

 

ミディアムテンポのアコースティックな曲で、歌詞や曲の雰囲気が結婚式の余興にピッタリで、オススメの一曲です。

 

ただし、歌詞の中に忌み言葉があるので、賛否両論ある歌でもあります。

 

例えば、以下の赤字の言葉が忌み言葉になります。

 

遠くで ともる未来

もしも 僕らがれても
それぞれ歩いていく
その先で また 出会えると信じて

 

新郎新婦やご両親が気にされないなら問題ないと思いますが、一応確認しておきましょう。

 

嵐/「愛を叫べ」(20代〜30代向け)

 

 

「愛を叫べ」は、嵐にとって初めてのウェディングソングをテーマ にして作られた47枚目のシングルになります。

 

この曲はゼクシィのCMでもお馴染みの結婚式にピッタリの一曲です。

 

アップテンポの明るい曲で、ダンスを完コピして歌っている方も多くいますね。

 

SMAP/「世界に一つだけの花」(30代〜40代向け)

 

 

SMAPの代表曲ともなった曲で、結婚式でも人気の一曲です。

 

SMAPの曲の中で最も結婚式に使われている曲と思いますね。

 

老若男女広く受け入れられていて、この曲を結婚式で歌うとその夫婦は別れることはないという幸せな都市伝説もある曲です。

 

ちなみに、「世界に一つだけの花」が流行した2004年以降は離婚率も低下しているそうです。

 

MONGOL800(モンゴル800)/「小さな恋のうた」(30代〜40代向け)

 

 

不器用ながらも大切な人を愛しぬこうと言う気持ちがとても伝わってくる歌になっていますね。

 

疾走感のあるロックなメロディがとても男らしくてカッコいい1曲になっています。

 

久保田利伸/「LA・LA・LA LOVE SONG」(30代〜40代向け)

 

 

久保田利伸さんがナオミキャンベルさんと歌ったデュエット曲ですね。

 

久保田利伸さんを代表する曲の一つですね。

 

ドラマ「ロングバケーション」の主題歌にもなりましたから、同世代の方は知っている方も多いと思います。

 

EXILEや絢香さんなどもカバーしていますから、若い世代の人も知っている人が多いと思います。

 

ノリがいいので、結婚式にぴったりな曲だと思います。

 

Rake/『100万回の「I love you」』(20代〜30代向け)

 

 

愛してる気持ちがダイレクトに伝わる究極のラブソングです。

 

ヨコハマタイヤ「BluEarth」のCMソングに使われていた歌なので、サビを知っている人もとても多いと思います。

 

LINE MUSICでも2ヶ月間で300万再生された大人気の曲です。

 

結婚式や披露宴の曲として若い世代にとても広く使用されている楽曲ですね。

 

ポップで明るい曲調なので、余興で使うと盛り上がりますよ。

 

最後に

 

定番といっても、世代やその方々の好みにより異なると思いますが、世代問わず人気がある歌は定番となっているようです。

 

もし、あなたが結婚式の余興で歌を披露したいと思っているなら、特に定番にはこだわらず、ご自身の贈りたい歌を披露してあげることが一番かと思います。

 

他にもウェディングにふさわしい歌、余興におすすめの歌は沢山ありますから、色々な統計や情報を集め余興を披露する方は参考にしてみましょう。

 

ちなみに、結婚式で新郎新婦が友人に歌ってもらいたい歌と余興を披露する側の方が聞かせたいと思っている歌の上位がいずれも長渕剛さんの「乾杯」になっていました。