結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚式の余興で新婦が新郎に歌ってほしい曲

 

結婚式では新郎が誓いを込めて新婦に歌をプレゼントすることもありますね。

 

一生に一度の結婚式披露宴において愛する新婦に気持ちを伝える上で、非常に素晴らしい演出だと思います。

 

成功すれば新婦にとって一生の想い出にもなりますし、両親やゲストの方も感動し、皆さんの思い出にもなるでしょう。

 

そこで、新婦の心にストレートに響く曲や新婦が思わず感動して涙する曲、幸せになれる曲、心が温まる曲、会場中が感動する曲などを集めてみました。

 

これから結婚される方は是非参考にして下さいね。

 

Mr.Children/「君が好き」

 

 

2002年1月1日にリリースされた「君が好き」は、ミスチルの人気曲の一つですね。

 

オリコンチャートでは、3週連続1位を獲得しました。

 

この記録は自己タイ記録で、「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」以来の快挙となりました。

 

「君が好き」は一途な恋愛の美しさと表裏一体の危うさを歌った曲です。

 

新婦はもちろん、ゲスト側にも好きな人は多いはずです。

 

会場を温かく包んでくれることでしょう。

 

Mr.children/「抱きしめたい」

 

 

「抱きしめたい」は、ミスチルがブレイク前の2ndシングルとして発売されました。

 

歌詞とメロディを聞いているだけで、情景が浮かぶ素敵なラブソングです。

 

結婚式ソングとして定着しています。

 

歌詞が素晴らしい上に、曲の雰囲気も良いので会場を盛上げてくれます。

 

結婚式では「乾杯」、「退場」、「花束贈呈」、新郎のプロフィールビデオやご両親へのサンキュービデオのBGMにも使われることがあります。

 

清水翔太/「君が好き」

 

 

「君が好き」は2009年12月9日に発売された清水翔太さんの5枚目のシングルです。

 

「君が好き」という大変シンプルでストレートなタイトルの同曲は、男性から女性へ送るラブソングとなっています。

 

「君をずっと守ってゆく」という、純粋で一途な歌詞がロマンチックですね。

 

ストレートな歌詞で、愛情がすごく伝わる人気曲です。

 

CHEMISTRY/「君をさがしてた〜The Wedding Song〜」

 

 

「君をさがしてた」はフジテレビ系列のドラマ「ウェディング・プランナー」の主題歌となっていたので、一度は聞いたことがある人も多くいると思います。

 

CHEMISTRYのファンでなくても、今でも根強い人気がある正統派ラブソングです。

 

この曲はCHEMISTRY本人達もインタビューで「大好きな曲です」と公言しています。

 

時が経っても色褪せないCHEMISTRYの代表曲の一つですね。

 

ライヴでのパフォーマンス時には号泣する観客が必ず出現し、ファンによる人気投票でも常に上位を誇っています。

 

歌詞も結婚式に向いたものになっているので、新郎がサプライズで披露すれば新婦は感動するでしょう。

 

SMAP/「らいおんハート」

 

 

「らいおんハート」は、2000年に発売されたSMAPの32作目のシングル曲です。

 

SMAPで結婚式の定番と言えばやっぱりこの曲ですよね。

 

SMAPのメンバーの一人だった草g剛さんが出演した「フードファイト」の主題歌として使用されていたので、知っている方も多いと思います。

 

「ライオンのオスが命がけで必死にメスを守る姿」をモチーフとした歌詞になっています。

 

「君を守るため生まれてきた」というフレーズが素敵ですね。

 

何十年経っても心に響く名曲です。

 

エンドロールや新郎新婦退場のBGMにもよく使われています。

 

秦基博/「鱗(うろこ)」

 

 

「鱗」は甘い歌声が大人気の秦基博さんが2007年リリースした2ndシングルです。

 

「ひまわりの約束」がリリースされるまでは、この曲が最も人気があったと思います。

 

今でもファンの間では人気が高い曲です。

 

「鱗」は、自分が魚で、身を守る鱗を脱ぎ捨ててでも、激流に傷付きながらでも、相手に思いを伝えなきゃという曲になります。

 

優しい歌声と歌詞が、結婚式にもピッタリだと思います。

 

ナオトインティライミ/「ありったけのlove song」

 

 

「ありったけのlove song」は、2010年9月29日に発売されたナオトインティライミさん3枚目のシングルになります。

 

ナオトインティライミさんの楽曲の中でも、ウェディングソングとして一番人気のある曲です。

 

2014年には「結婚式で使いたい曲・男性部門」で1位に輝きました。

 

この曲は、愛する人に想いを伝えることの大切さや、まさにありったけの愛の歌を唄った男性目線のストレートなラブ・ソングです。

 

結婚式のBGMとして使う方も多いようです。

 

スキマスイッチ/「奏(かなで)」

 

 

「奏」は、スキマスイッチが2004年3月10日に発売した2枚目のシングルです。

 

「奏」は随分古い歌ですが、2017年2月に公開された映画「一週間フレンズ。」の主題歌にも起用されたので、若い世代の人も知っている方も多いと思います。

 

今でもファンから根強く愛されている名曲です。

 

遠距離恋愛になってしまう状況でも寂しくならないように、彼女にしてあげられる精一杯の思いを伝えた曲になります。

 

この曲を作詞したスキマスイッチの常田真太郎さんは、「離れてしまうけど引き止めて欲しい、そして愛情確認が欲しい!」という思いを歌にしたそうです。

 

せつない別れの歌だと思いますが、彼女を思う優しさにあふれている曲です。

 

山根康広/「Get Along Together」

 

 

「Get Along Together」は、1993年1月21日にデビューシングルとしてリリースされました。

 

山根康広さんが結婚する友人のために1週間で書き上げた曲で、今でも結婚式で新郎に絶対歌ってほしい曲として人気があります。

 

この曲は全編に渡って、語り主体のバラードです。

 

歌詞そのものに想いが込められているので、歌う際は客観的な気持ちになって、歌詞を丁寧に伝えるように歌うといいですね。

 

「愛を贈りたいから」というストレートな歌詞が新婦に伝わると思います。

 

KinKi Kids/「もう君以外愛せない」

 

 

「もう君以外愛せない」は、2000年6月21日発売されたKinKi Kidsの10枚目のシングルです。

 

堂本光一さん主演の日本テレビ系水曜ドラマ「天使が消えた街」のオープニング曲になっていましたね。

 

ピアノを中心にしたバラードで、「約束」、「永遠」など結婚式向けの言葉が歌詞の中にたくさん登場します。

 

曲の難易度も低いのでオススメです。

 

はなわ/「お義父さん」

 

 

「 S・A・G・A 佐賀!」で有名になったお笑いタレントのはなわさんが13年ぶりに新曲をリリースされました。

 

それが「お義父さん」という曲です。

 

この新曲は奥様の智子さんへサプライズプレゼントしたもので、義理のお父さんに宛てたメッセージソングになります。

 

感動的な歌詞は普通のどこにでもありそうな家庭の微笑ましい風景が「はなわ調」で描かれています。

 

一生に一度の晴れ舞台に「僕はこんなに娘さんを愛しています!」と、お義父さんに宣言しませんか?

 

新婦に内緒でサプライズ宣言する演出にもピッタリの曲です。

 

高橋 優/「産まれた理由(うまれたわけ)」

 

 

「産まれた理由」は、デビュー前から一緒に歩んできたスタッフの結婚がきっかけで書き下ろした高橋優さん初のウエディングソングです。

 

優しく両親へ語りかけるような歌詞が印象的です。

 

生命の誕生や人の出会いから結婚、愛し合うという事、家族になるという事など様々な観点から愛を感じ取ることのできる曲になっています。

 

高橋優さんは「門出を迎える二人に花を添えられるような楽曲を作りたいと思いました。 なぜ人は出会い、なぜ結ばれ、なぜ新たな命は誕生するのか?そして幸せとは? 今までにないほど壮大なテーマではありましたが、そこにフォーカスを当てて、 自分なりの言葉を紡ぎました」とコメントされてました。

 

ご両親へ感謝を込めて歌ってみませんか?

 

DAIGO/「K S K W Version」

 

 

「K S K」は、DAIGOさんがご自身の結婚披露宴で妻である北川景子さんにサプライズ贈ったナンバーとして話題を呼んでいましたね。

 

ちなみに、「K S K」は「結婚してください」を表す“DAI語”です。

 

また、「K S K」には“キセキ”という意味もあります。

 

歌詞の中に二人の出逢いを70億分の1の「K S K(キセキ)」とあります。

 

「W Version」のWはDAI語で“ウェディング”のことです。

 

結婚式の“新定番”となりえる旬なプロポーズソングです。

 

サザンオールスターズ/「心を込めて花束を」

 

 

「心を込めて花束を」は、これから結婚する2人が両親に宛てた思いを歌った感動的なウェディングソングです。

 

幼少時代に両親へ甘えた懐かしい記憶、素晴らしい人たちと出会えて育った感謝の気持ちを表現したサザンオールスターズの隠れた名曲です。

 

結婚するまで見守ってくれた両親への感謝の気持ちを綴った歌です。

 

「花束贈呈」や「両親への手紙」の朗読の時などのBGMにも最適です。

 

GReeeeN(グリーン)/「父母唄(ふぼうた)」

 

 

両親への感謝の気持ちが込められている1曲です。

 

幼い頃は心配や迷惑をたくさんかけ、大きくなってからも素直になれない、そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

そんな過去の自分を振り返り、大人になった今、自分を大切にしてくれた両親へ向けて感謝を伝えることができる温かい曲です。

 

平井堅/「LIFE is…〜another story〜」

 

 

「LIFE is... 〜another story〜」(ライフ・イズ... 〜アナザー・ストーリー〜)は、平井堅さんの通算18枚目のシングル楽曲です。

 

バラードの名手、平井堅さんが歌い上げる人生賛歌とも言えるような深い歌詞が感動を誘う名曲です。

 

この世界の生きづらさ、しかし、同じその世界で人を愛せる素晴らしさに気づくことができる、人生の迷いを晴らしてくれるような素晴らしい一曲です。

 

HOME MADE家族/「サンキュー!!」

 

 

「サンキュー!!」は、2005年1月26日にリリースされた3枚目のシングルです。

 

音楽配信サイトでは、100万回以上のダウンロード数を記録しているヒットソングで、ストレートな感謝の気持ちを謳った歌になります。

 

日頃、両親に感謝の気持ちを伝えることができない人は、結婚式という場で「ありがとう」を伝えてみてはいかがでしょうか。

 

最後に

 

あるアンケートでは、「新婦にだけ、その曲に込めた気持ちが伝わる!」 そんな一曲を選んでほしいという意見も多数ありました。

 

「新婦への愛情」を感じられる一曲を選んで下さいね。

 

ただし、新郎が歌を歌う時は、自己満足にならないように注意しましょう。

 

あくまでも披露宴はゲストに日頃の感謝の気持ちと「これからも宜しくお願いします」という意味合いを込めて行うものです。

 

もちろん、新郎は主役ではありますが、ゲストに目立ちたがり屋過ぎると思われてしまうこともあります。

 

歌う前に「何故歌うのか」、「誰に向けて歌うのか」、「何故この曲を選んだのか」などを添えて、歌い出すとゲストにも印象が良くなると思います。

 

2人にとっての思い出の曲や自分の気持を表していて、ある程度知名度のある曲を選ぶのが無難だと思います。

 

例えば、福山雅治さんや槇原敬之さん、SMAP、嵐、Mr.Childrenなどになります。

 

また、カラオケだと自己満足っぽく見えるという意見も多くあります。

 

友人に協力してもらってピアノやギターなどの楽器演奏を加えて、手作り感のある歌を披露した方がいいでしょう。

 

もちろん、歌唱力に自信がある人でないと場も白けてしまいます。

 

あまり上手ない場合は、新婦やゲストが不快に思うこともあります。

 

歌が得意でない人は一生懸命練習するか、別の余興を考えた方が良いでしょう。

 

新婦が涙するほどの歌のプレゼントだとゲストにも感動が伝わり、新郎の歌のプレゼントが成功したと言えるでしょう。