結婚式の余興を成功させるための秘訣




新郎新婦の好き嫌いメッセージ

 

「新郎新婦の好き嫌いメッセージ」とは、新郎新婦に一つの単語を推測してもらい、それが好きな物か嫌いな物かを答えてもらうゲームです。

 

まず最初に新郎新婦に推測してもらう単語を準備しておきます。

 

一般的に新婚生活に関係あるものがいいかと思います。

 

例えば、「結婚」、「妻の料理」、「浮気」、「子供」、「旅行」、「お金」、「戸建て住宅」、「夫のいびき」、「節約」、「浪費」などです。

 

なるべくゲストが面白と思える単語がいいでしょう。

 

解答となる単語はカード(大きな画用紙など)に書いて列席者にだけわかるようにします。

 

そのカードは新郎新婦には見せないでおきます。

 

例えば、新郎新婦の後方からカードを列席者に見せるという方法がいいでしょう。

 

そして、カードをゲストに見せたら、列席者の中らどなたかに「このカードの内容は好きですか?嫌いですか?」と聞きます。

 

その方が「好き」、あるいは「嫌い」と答えます。

 

数人に聞いた後、カードには何が書かれているか、新郎新婦にみなさんの意見から推測し、好きか嫌いかを回答してもらうという余興です。

 

進行役の方は次のようなセリフを言って余興をスタートします。

 

「これから新郎新婦はどんなものが好きか、嫌いかを調べたいと思います。

 

列席者の皆さんにはある単語が書かれたカードをお見せしますが、新郎新婦にはお見せしません。

 

それでは、第1問の単語はこれです。」

 

このように進行役の方が言った後に、アシスタンの方に単語の書かれたカードを新郎新婦の後ろで高く掲げてもらいます。

 

例えば、この時の単語が「浮気」だったとします。

 

進行役の方は、「浮気」という単語について列席者の方々に好きか、嫌いかを答えてもらいます。

 

進行役:「男性Aさんはこの単語が好きですか?」

 

男性A:「一般的に男なら好きな人が多いと思います。

 

芸能界でも好きな方が多いようですね。」

 

進行役:「Aさんは、好きと答えられました。

 

では、こちらの女性Bさんに聞いてみましょう。」

 

女性Bさんはこの単語が好きですか?」

 

女性B:「私は大嫌いです。絶対許しません。」

 

進行役:「おっと、男女で意見が分かれましたね。

 

男性は好き、女性は嫌いと答えられました。」

 

こんな感じで数名の方に意見を聞きながら、新郎新婦はそれらの意見を参考にある単語を推測してもらいます。

 

進行役:「それでは、新郎新婦に好きか嫌いかを聞いてみましょう。

 

新郎は好きですか?」

 

新郎:「僕は大好きです。」

 

進行役:「新婦は好きですか?」

 

新婦:「私は大嫌いです!」

 

進行役:「おっと、また意見が分かれましたね。

 

ではどんな単語か後ろを振り向いて下さい。」

 

こんな感じで進めていき、正解の単語を新郎新婦に見せます。

 

解答となる単語は3〜5個くらい用意しておきましょう。

 

時間があれば、さらに問題を出していきましょう。

 

男女で意見が分かれると、正解を見た時に笑えるのでオススメです。