結婚式の余興を成功させるための秘訣




神父様おねがい!

 

「神父様おねがい!」とは、進行役の方が神父様になりきって、誓約書に書かれている内容に対して新郎新婦にイエスかノーで答えてもらうゲームです。

 

事前に新郎新婦に対してやって欲しいことを友人や会社の方などに聞いておき、それを誓約書として神父が持ち、新郎新婦の前で読み上げ、イエスあるいはノーで答えてもらいます。

 

最終的には新郎新婦に誓約書をプレゼントするという余興です。

 

内容には恥ずかしいようなことや二人に対して実践して欲しいような内容を記載しておくといいですね。

 

例えば、以下のような内容を書いておきます。

 

・いつまでも理想の夫婦であり続けること。

 

・1日1回はキスをすること。

 

・1日1回はお互いに感謝の気持ちを伝えること。

 

・最低週に1回は一緒にお風呂に入ること。

 

・仕事で夫の帰宅が遅くなっても文句を言わないこと。

 

・妻の手料理に文句を言わないこと。

 

・夫婦喧嘩をした時は誰かに相談すること。

 

ユーモアなものから、二人がいつまでも幸せであって欲しいといった内容が良いでしょう。

 

こういった内容を神父様になりきった進行役の方が新郎新婦の前で本物の神父らしく読み、同意を求め誓いをさせます。

 

この時に外国人の神父様のように、カタコトの日本語で読み上げるのがポイントです。

 

私、神父は新郎新婦の友より、お願い事を頼まれました。

 

「神父様おねがい!」と言われ、その内容をこちらの誓約書に記してきました。

 

そこで、披露宴の席をお借りしまして、私神父より、この誓いの言葉に対して二人はイエス、ノーで、答えて下さい。

 

こんな感じで神父になりきり、二人に誓いの言葉に対して答えてもらいます。

 

神父のコスチュームを着てよりリアリティーを出して読み上げる方が盛り上がると思います。

 

 

神父が誓いの言葉を読み上げる前に、本物っぽく聖書の上に新郎新婦の手を置いてもらいます。

 

聖書は本物でなくても構いません。

 

「二人は、神の前でウソはつきませんね。」

 

このように言った後に誓いの言葉を読み上げてきます。

 

そして、誓いの言葉を一つ発表するごとに、新郎新婦にイエスかノーを求めます。

 

最後まで発表したら、誓約書に新郎新婦のサインをしてもらいます。

 

「二人は、神の前で誓い合いました。

 

誓約書に反する行為はいけませんよ。」

 

このようなセリフを言った後に、誓約書を二人にプレゼントとして渡します。

 

ここでは、例として友人より二人に誓って欲しいことということで意見を聞きましたが、色々なパターンがあります。

 

両親や親族、兄弟、姉妹、職場関係者、新郎から、新婦からなど、誓いの言葉を聞き出す人はどんな人でもOKです。

 

余興をする本人と関係している人から聞いて誓約書を作る方がいいでしょう。

 

余興をする人が女性の場合は、シスターという設定で行うと良いでしょう。

 

この場合もシスターになりきることが大切です。