結婚式の余興を成功させるための秘訣




結婚披露宴契約

 

「結婚披露宴契約」とは、新郎に質問をし、その質問に正解できなかった新郎には、新婦の契約書にサインをしてもらい、それを誓ってもらうというゲームです。

 

やり方として新郎への質問事項を決めておきます。

 

この内容には新郎新婦の初デートの場所や二人の思い出、馴れ初め的なエピソードなどが良いでしょう。

 

この質問は新婦が考えます。

 

全て答えられないようにちょっと忘れているかもという問題を必ず入れておきます。

 

新婦の願いが叶うように少し難しい内容の問題も用意しておくといいでしょう。

 

そして、回答できない時に契約書にサインしてもらうようにします。

 

契約書には、新婦が新郎に対して希望する内容を書きます。

 

例えば、次のような内容を書いておきます。

 

・1年に1回は旅行へ連れて行く

 

・月に1度はレストランに連れて行く。

 

・出来る範囲で掃除などの家事を手伝う。

 

このような新婦の希望を書いておきます。

 

新郎には回答の拒否権を与えることもできます。

 

ただし、拒否する場合は、その場で新婦にキスをするなど、照れくさい罰を与えます。

 

以上が「結婚披露宴契約」になります。

 

余興をする人は、次のようなユーモアのある話を余興を始める前にします。

 

「実は私、先週新婦とある打ち合わせをしていまいました。

 

その後もメールのやり取りをしていました。

 

でも、その内容は新郎のことばかりでした。

 

そんな新郎が羨ましく思い、本日は新郎に少しいじわるをしたいと思います。」

 

質問の答えを画用紙などに書いておき、列席者にわかるようにしておきましょう。

 

この余興は事前に新婦と質問内容、契約書内容を考えるだけです。

 

この余興は、見ている方も楽しく、新婦にも満足してもらえます。